世界遺産カルタ The World Heritage Cards活動報告ブログです

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
チャンパー通信 第3号 8 years ago
20080604-hana.JPGチャンパー通信 第3号(2007年11月)20080604-hana2.JPG


発行者:舘野直子(H19-1 村落開発普及員 ラオス国セコン県教育局)
  皆さんこんにちは。先月、今まで所属していた統計・計画課から一般教育課に異動して、やっと活動の基盤が整ってきました。

《歯ブラシと寄生虫薬の配布》
  先日、日本のある企業からセコン県に歯ブラシ1440本の寄付いただきました。ちょうど年2回行う寄生虫薬を飲む時期と重なり、一緒に歯ブラシと薬の配布を行うことになりました。県・郡教育局と県・郡保健局の職員がラマム郡の学校保健対象校を訪れ、その様子を観察しました。小学校では全生徒が校庭に集まり、先生の合図でいっせいに寄生虫薬を飲みました。その後新しく配布された歯ブラシで歯磨きを行いました。

20080610-cyannpa3-1.JPG
 この学校では毎週2回休み時間に歯磨き活動を行っています。しかし口の中が歯磨き粉の泡でいっぱいになっているけれどきちんと磨けているのかな?そして、歯磨きが終わったとたんに構内にあるお菓子屋さんに走っていく子供たちをみながら…「おぃ!」と心の中で叫んでいます。せっかく歯磨き活動の時間を設けているので、先生たちと歯磨きの仕方やお菓子を食べる時間について話し合いたいと思っています。

《新規隊員の役割》
 私は、セコン県の教育局へ入る初めてのボランティアです。そのため、これまで県教育局の職員も郡教育局職員もそして、学校も先生たちも「JOCVって何?何しに来ているの?」といった感じでした。初めは私の扱い方がわからなかったようで、教育局年間会議や研修に連れて行ってもらえず、このまま2年間過ぎたら大変だと、妙な焦りさえ感じました。この4ヶ月、小学校の運営や研修に関わる一般教育課への異動、「教育の状況を理解するため」と会議や研修への参加、小学校の巡回、JICAの技プロやNGOの活動への同行をしてきた結果、やっと最近JOCVの活動や位置づけが認識されるようになってきました。
  郡の教育局長はいち早くJOCVは援助機関と教育局を結ぶことのできる人間だと気づいたようです。今まで会議に誘われることなどなかったのに、今は郡局長から電話で会議へのお誘いが来るようになりました。確かに実際にセコン県に住んでいる外国人の生の話を援助機関の人々は聞きたがります。外国人同士のネットワークも当然あるわけです。一方、小学校では、「何しに来ているのだろう」と困惑していた先生たちも、授業を見させてもらったり、休み時間や仕事後気楽におしゃべりしたりすることで不信感も薄れ、徐々に先生が学校や子供たちの学力の問題などを相談してきてくれるようになりました。
 新規隊員はこのように「JOCVとは何ぞや!」ということを築いていくことが、まず初めの仕事なんでしょうね。

《日本語教室始めました!》
 毎週火曜日の夕方、小学生3人に日本語を教えています。この子達は私がセコン県に来た当初から私の家に遊びに来ている子供たちです。

20080610-cyannpa3-2.JPG

 毎週「私の名前は直子です」、「私は日本人です」、「私は先生です」など一フレーズを教えています。まずみんなで大きな声で何度も叫んで子供たちに暗記させてしまいます。その後「私の名前は直子です」と私が自己紹介した後、子供たちに「あなたの名前は?」と質問します。するとみんな次々に「ワタシノナマエハブーデス!」、「ワタシノナマエハデゥアデス!」、「ワタシノナマエハプイデス!」と答えます。子供は耳が良いです。日本語は書けませんが、とても綺麗な発音で話せます。

今月のラオスご飯
20080610-cyannppa3-3.JPG
 屋台で売っているトムカイ(チキンスープ)。チキンと一緒にトマトと冬瓜が入っています。 ラオスの辛い料理に胃が疲れたとき、体に優しい一品です。


【チャンパー通信 第3号】 2008-06-10 21:19
世界遺産カルタ ホームページ